茨木市末広町の歯医者さん 森本歯科医院の歯の知識

◆歯周病について

歯周病はお口の中の歯周病菌が起こす病気です。成人の約60%が歯周病菌を持っています。歯肉の抵抗力と歯周病菌の増殖のバランスが取れている時は健康です。しかし歯周病菌の増殖が歯肉の抵抗力を上回ると歯周病を発症します。歯磨きで出血した場合、歯のよごれだけでなく、血液中の鉄分、ミネラル等を栄養源にして爆発的に増殖していきます。又、歯周病菌が歯肉の毛細血管から全身にまわって、脳、心臓などの循環器系の病気や糖尿病を起こしたり悪化させることがわかってきました。

又、たばこを吸う人は、吸わない人の約5倍歯周病になりやすいというデータがでています。(ニコチンにより歯肉の血管が貧血状態になるため)

歯石は歯垢が石灰化したもので、たまり易さは個人差がありますが、歯ブラシでは除去できません。最低半年に一度は、お口のチェックもかねて受診されることをお勧めします。









◆歯の知識vol.1

歯科治療に影響する薬がいくつかあるので、それについてお話します。

血栓防止のためにワーファリンやバイアスピリンを服用されている方は、血が止まりにくくなっています。
もし、歯を抜くなどの治療が必要な場合、治療の前後3日は服用を止める必要があります。

骨粗しょう症の治療または予防のため、ビスホスホネート系の薬を飲まれている場合、外科処置後に顎の骨の壊死を起こす場合があります。

高血圧の治療のため、Ca拮抗剤と呼ばれる薬を長期服用した場合、歯肉が増殖してくる場合があります。
しっかりブラッシングしても歯肉の腫れがひかないときは
薬の副作用のせいかもしれません。

他にも歯の治療に影響する薬は色々ありますので、治療前に、今飲んでいる薬の種類を教えて下さい。



◆修復物(補綴物)の一例

.jpg 

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。
072-632-5362